カテゴリー別アーカイブ: 仕事・勉強

独占しています

団塊の世代と、仕事のお話をする機会がありました。そこで感じたのは、欲深ということです。どれだけ、働いて、お金が欲しいのでしょう。怖いです。みなさん、悪いことをしなければいいですが、もちろん、半分ぐらいは、社会貢献ということで、参加しているのでしょうが、中には、金もうけ、新しい仕事を見つけに来ている人がいるのです。社会貢献も不正がありますから、これから、おおくなるのではないかと思います。
こうなると、若い人には仕事はありません。60代で、仕事がほしくて欲しくてたまらないのです。しかし、親がこうだと、子供に今度は仕事がなくなります。更には、孫はもうフリーターでしょう。どこかに行くと、どこかには回らなくなるからです。
それならば、お金儲けよりも、もっと、子供をちゃんと育ててほしかった。援助交際は、30代の女性が高校生の頃に始まりました。ネーミングもやりやすいですよね。考えが短絡的で、自分だけがいいのです。

立ち止まって気づくこと。

4月から仕事の担当が変わった。今までの担当と継続して兼任という形になった。ずっとひとつの担当を続けてきて、先輩に追いつきたくて、やっと形になってきたところだったのに。急に私は要らないと言われたようで悲しくなった。兼任だから完全に離れるわけではないけれど、中心にはいない、そんな物悲しさがつきまとっている。いろんな担当を任されるのは成長の印ではあるのだろう。だが、新人たちが増え、とりあえず回された感じがして落ち着かない。何を期待されているのかわからない。頑張ろうと思っても、方向性が見えず空回りしてしまう。案の定、ひとつきもしないうちに体を壊した。我ながら笑えてしまう。でも、ただ体を癒すことに専念できて良かったと思う。それ以外の何も考えなくて済んだし、心の休め方も思い出した。そんな風に思うってことは、気持ちも行き詰まってたってことだ。出来るだけのことはしたいし、誰かの役に立ちたい、もっと成長したいと思う。でも出来ることは限られている。ただがむしゃらに突き進むのではなく、ひとつずつ踏みしめて進みたい。

Pythonのスクール探しに参考になった記事

AIに興味があったのでPythonを勉強したいと思いました。

Pythonが学習できるスクールとオンラインとオフライン両方あるけど、値段が結構する・・。

私が選んだのはテックアカデミー。値段が手頃でPythonに関して深く勉強できそうだと思ったからです。講師も現役のエンジニアが教えてくれるっぽいし、色々と質問して出費を無駄にしないようにしたいと思う。

今はRubyやJavascriptの案件を中心に回しているが、いずれAIに関する案件もジョインしてみたい。

→参考になった記事:Pythonスクールおすすめ比較!【無料あり】