カテゴリー別アーカイブ: その他

年齢とともにメイクを変える

若い頃と同じメイクは年齢を重ねると似合わなくなってくるようです。
テレビで見たんですが、特に口元にほうれい線などができているのに真っ赤な口紅をつけると
視線を集めてしまい、余計に老け込んだ印象を与えてしまうそうです。

赤い口紅が流行ってますが、そういえば若い子ばかりですね。
赤い口紅をつけようと思ったわけではないですが、視線を集めるとは思いもしなかったので勉強になりました。

口紅って最後まで使い終わらないうちに飽きてしまって
つい新しい物を買ってしまうんです。
それを反省して昔の口紅を使っているんですが、こんなに色が濃かったかな?と少しティッシュで落したり
薄めにつけたりしています。
流行りもあるかもしれませんが、私が年をとって似合わなくなってきたのかもしれません。

最近買ったのはベージュで艶のあるものです。
グロスを後で塗るのは面倒というのもありますが、唇が荒れてしまうんです。

ピンクやオレンジを見慣れていると、ベージュは物足りない感じもしますが
大人のメイクを意識してみました。
でもチークがピンクでもオレンジでも合わせやすいのがいいですね。

お出かけの時はアイシャドー等のアイメイクをちょっと頑張れば
ノーメイクに見えず、今風になると思います。

羽生選手に期待すること

フィギュアスケートの羽生結弦選手の今シーズンの活躍ぶりには、目を見張るものがあります。NHK杯とGPファイナルでは、立て続けに世界最高得点を更新しました。そして全日本選手権でも、ベストの状態とはいえなかったものの4連覇を達成しました。ただ素晴らしいとしか言いようがありません。
しかしながら1点だけ、がっかりさせられたことがありました。ショートプログラムの曲が、昨シーズンと同じ、ショパンのバラード第1番だったことです。この曲の暗い曲調に合わせた演技を見ていると、どうしても痛々しさが強調されてしまい、見ている者として気が滅入ってしまうのです。
来シーズンのショートプログラムでは是非、演技する人も見ている人もポジティブな気持ちになれるような曲を選び、さらに成長した姿を見せていただきたい―そう期待します。

最近あまり感動しないなぁ、自分のペースで行こう

昨日は一日出かけたので今日はゆっくりしようと思っています。
ただ、ヒーリング楽器をきいていたせいか、どこか気持ちが高揚している気がします。
眠さや疲れもあるのですが、色々なことをしたいという不思議な気持ちなんですよね。
フェイスブックでの記事アップをしたり、昨日ご一緒した方にメッセージしたりとけっこう朝から何件か用事をしてしまいました。
食事もせずにやっているのになぜか進んでしまいます。
さすがにぶっ通しでやったので、お昼まで食べないとお腹が減るので何か食べようとは思っていますが。

それにしても、けっこう有名な場所に観光に行って景色も良かったのになんであまり感動がないんでしょうね。
楽しかったし、一緒でなければできなかったこともあり感謝はしているのですが、どうも感動がないというか。
もちろんそんなことは言えませんが。
感性が鈍いのかなぁ。
でも自分が感じていないのに、感動したふりをするのは気持ち悪いのでこのままの自分も認めたいと思います。

頭で考えて過去のことを引っ張り出しても仕方がないと思うんですよね。
ヒーラーの方などは前世やカルマのことも持ち出したりしますが、それもあまり興味が持てないんですよね。
大事なのは今だけだと思うからです。
過去の事を解決している間に、今楽しいこと、これから楽しいことがいくらでも出来るからです。
とりあえずちょっとゆっくりしてまた新しいことを始めようと思います。