カテゴリー別アーカイブ: その他

婚活パーティーの感想

友達に誘われて、初めて婚活パーティーへ参加してみました。
友達が全て予約や段取りをしてくれていたので、当日になるまでは実感が湧かず、当日になっていきなりドキドキと緊張しました。

受付を済ませて個室に着席すると、男性と相席で待つスタイルでした。
時間丁度にパーティーは始まりました。
12対12の大人数で、1人5分程度話して男性が席を移動するものでした。
すごく時間があっという間に過ぎる方と、時間が経っているのか疑問なくらい苦痛な時間だった方と半々でした。
一応カップリングはしましたが、婚活パーティーでの出会いにはもう期待しないで良いかなと思いました。
たしかに職業などはきちんとされていますが、日常で女性とのやり取りがうまくできないのであろうなと思う遊ような方や、逆に女の人を選んでいるから結婚してないんだろうなという方もおられました。
婚活パーティーに行くよりもサークルなどに入って、自分の趣味と会う方を見つけた方が良い相手に出会える気がします。
良い社会経験ではあったので、良かったです。

頻繁に利用する海外の通販サイトのトラブルで、親切に丁寧に対応していただきました。

よく利用するオーガニック系の商品を取り扱う、海外の通販サイトがあるのですが、最近利用した時に、注文した商品が1つだけ入っていませんでした。
すぐにそこのサイトに問い合わせて(日本語版のサイトもありますので、日本語でも大丈夫でした)みたところ、ミスがあったことをすぐに理解してもらえたので、それに対する迅速な対応をしていただけました。
入っていなかった商品の再送は行っていないということでしたので、その商品の分の料金を、次のお買い物で使うことのできるクレジットとしてもらました。また、送料が高くかかってしまうとのことを伝えたら、商品の料金分は通販サイトの方で補償してくれるとのことでした。
通常、頼んだ商品が入っていなかった場合、そのサイト側に対して不信感を抱いてしまうと思うのですが、こんなに丁寧に親切に対応してもらったので、安心して、またここのサイトを利用しようと思うことが出来ました。
日本ではめったにない出来事だと思うのですが、もし同じことが起こった場合、送料まで補償してもらえることはなかなかないのでは、と思いました。
通販サイトでのお買い物は、直接的な人と人のやり取りではないために、トラブルが起こった場合はなかなか大変だと思いますが、トラブルが起こった時の対応で、通販サイト側の信頼感というものが、実感出来るのではないかなと思いました。

「H&M」で安くて可愛いオシャレを楽しんでいます。

私は、ファストファッションブランドの「H&M」が大好きです。
時間があればお店に行き新商品をチェックしています。
私が「H&M」が大好きな理由は3つあります。
1つ目はとにかく安いということです。
服の寿命はだいたい3~4年ほど。
それまでに飽きて着なくなることも考えれば、高い服をポンポン買ってもいられません。
「H&M」は安いだけではなく可愛い服が多いので、気兼ねなく着用することができます

2つ目は商品の回転率が非常に早いということです。
店に行くたびに新しい商品が陳列されるので飽きることがありません。
そのためお店に頻繁に足を運んでいても楽しめるのです。

3つ目は個性的なデザインが多いという点です。
日本のファッションブランドは個性的というよりは着回しの効くものが多い気がします。
便利ではありますが、コーディネートしていると「何かパンチが足りないな」と思う時があります。
そんな時、「H&M」をアクセントにすることで自分らしさを表現することができるのです。
これからもずっと愛用していきたいブランドです。

安かろう悪かろうは時代遅れ!?優秀なプチプラコスメ

「安い化粧下地は質が良くない」
化粧し始めて間もない頃、お金がなかったこともありスーパーに売っていた1番安い化粧下地を使用したところ、肌が荒れて皮膚科に通っていたことから、ずっとこんなことを思っていました。
その為、高くても質の良い化粧下地を選ぶことが当たり前のようになっていたのですが、先日友達の勧めにより「エクセル」というメーカーの化粧下地を試してみることにしました。
買ったのはいいものの、いきなり肌につけるのは抵抗があります。
パッチテストで入念にチェックし、大丈夫そうだったので恐る恐る使ってみたところ驚きました!
毛穴の凹凸が一気に目立たなくなり、肌の色もワントーン上がった気がします。
今使っている高いメーカーのものと実力の差はほとんどないように感じました。
安い=質が悪いではなく、選ぶものがたまたま合わなかったということに気づきました。
今ではエクセルの下地を毎日使っています。
教えてくれた友達には本当に感謝したいです。

元彼との再会の約束

大好きだった元彼と再会しました。私は、一度は結婚したものの、その彼のことをずっと引きずっていて、旦那と一緒にいても、彼のことを思い出してばかりいました。結局、私の気持ちが旦那に向いていなかったことが旦那にもバレており、一年で離婚することになりました。

離婚をしたタイミングで、元彼からフェイスブックの友達申請がきたのです。結婚している時であれば、さすがに関わりは持てませんでしたが、シングルになっていたので、気兼ねなく連絡を取ることができました。

私は、前々からフェイスブックに登録していたのですが、彼は最近やっと登録をしたそうです。それで、私のことを見つけたと言っていました。

私は、ずっと閉じ込めてきた思いが溢れだして、彼に会いたいと言いました。彼も、久しぶりに私と飲みたいと言ってくれて、会う約束をしています。多分、私が結婚をして離婚をしたことも知りませんが、色々と話したいこともたくさんあるので、会えるのが楽しみです。

クールなところがかっこいいです

ロンドンで世界陸上が開催されていますが、アメリカの女性選手でアリソン・フェリクスという選手がいます。これまでのオリンピックや世界陸上で200mや400m、リレーなどで数々のメダルを獲得してきた31歳の選手。細身の体で足が長くいつも髪の毛もおしゃれにまとめている選手でクールでかっこよく毎回注目している選手です。
リオオリンピック400mではバハマのミラー選手がゴール前でダイブしてゴールしたことで話題となり、その時ギリギリ負けてしまったのがフェリクス選手。今回も400mではミラー選手との一騎打ちが予想されていましたが、他の選手に追い抜かれてしまい銅メダルに終わりました。ミラー選手もゴール手前で足がもつれてしまい4位という結果に。
レース後、他の選手は倒れ込んだり仰向けになっていましたが、フェリクス選手は笑顔で1、2位の選手にハグをした後、表情を変えることなく息を整えている姿が印象的でした。常にクールで感情的にならないところが見ていて人間的な部分で尊敬できる選手だなと思いました。

古くなったマネキュアの再利用

最近、凄く気になっているのが古くなったマネキュアを使ったDIYです。
針金を使ってマネキュアを塗るスペースを作り、そこに細工をしていくのですが、これがかなり人気なのだそうです。
このテクニックを習得することが出来れば、古くなったマネキュアの再利用にもつながるんじゃないかなと思います。

マネキュアは時間が経過をしてしまうと固まってしまいます。
普通に使うことが困難な状況になってしまうので、だったら何か別なことに利用をすることはできないのかな、と思っていました。

マネキュアを使ったDIYのキットも販売されているので、購入をしてみたのですが、結構難しかったです。
形を作ることはできるのですが、そのあとが大変でした。
慣れるまでは時間がかかるのかもしれません。

もしもマスターをすることが出来るのであれば、色々なものを作ってみたいなと思います。
ピアスなどにも使うことが出来ると思うので、キレイに作ることが出来るように動画などをよくチェックしたいなと思います。

2.5次元?

漫画原作の舞台を指す、らしい。
定かではない。
2次元でも3次元でもない、2.5次元。な、なるほど。
テニスの王子様とか、少年漫画原作が多いのかなあと思っていたが。
小説、少女漫画、ジャンル問わず、割と幅広ーく舞台化されているんですね。
ん??
てことは、宝塚の ベルサイユのばら も元祖2.5次元ってことなのかしら。
えええええええっ?
そう?なの?
最近読み始めた漫画(すでに八巻も出版されている)が、春頃に舞台化されるらしい。
へー。
でもあの、少女漫画なので、主人公以下、イケメンずらーっと
出てくるんですけど、
大丈夫でしょうか。
観に行ったのに、観に行かなかったことにしたくなったら
どうしましょう。

不安になりつつ、切符はしっかり購入。
不安すぎる。

年齢とともにメイクを変える

若い頃と同じメイクは年齢を重ねると似合わなくなってくるようです。
テレビで見たんですが、特に口元にほうれい線などができているのに真っ赤な口紅をつけると
視線を集めてしまい、余計に老け込んだ印象を与えてしまうそうです。

赤い口紅が流行ってますが、そういえば若い子ばかりですね。
赤い口紅をつけようと思ったわけではないですが、視線を集めるとは思いもしなかったので勉強になりました。

口紅って最後まで使い終わらないうちに飽きてしまって
つい新しい物を買ってしまうんです。
それを反省して昔の口紅を使っているんですが、こんなに色が濃かったかな?と少しティッシュで落したり
薄めにつけたりしています。
流行りもあるかもしれませんが、私が年をとって似合わなくなってきたのかもしれません。

最近買ったのはベージュで艶のあるものです。
グロスを後で塗るのは面倒というのもありますが、唇が荒れてしまうんです。

ピンクやオレンジを見慣れていると、ベージュは物足りない感じもしますが
大人のメイクを意識してみました。
でもチークがピンクでもオレンジでも合わせやすいのがいいですね。

お出かけの時はアイシャドー等のアイメイクをちょっと頑張れば
ノーメイクに見えず、今風になると思います。

羽生選手に期待すること

フィギュアスケートの羽生結弦選手の今シーズンの活躍ぶりには、目を見張るものがあります。NHK杯とGPファイナルでは、立て続けに世界最高得点を更新しました。そして全日本選手権でも、ベストの状態とはいえなかったものの4連覇を達成しました。ただ素晴らしいとしか言いようがありません。
しかしながら1点だけ、がっかりさせられたことがありました。ショートプログラムの曲が、昨シーズンと同じ、ショパンのバラード第1番だったことです。この曲の暗い曲調に合わせた演技を見ていると、どうしても痛々しさが強調されてしまい、見ている者として気が滅入ってしまうのです。
来シーズンのショートプログラムでは是非、演技する人も見ている人もポジティブな気持ちになれるような曲を選び、さらに成長した姿を見せていただきたい―そう期待します。