『おとうと』2010年松竹映画

夫と死別後ひとりで家業の薬局を切り盛りしてきたしっかり者の姉吟子(吉永小百合)と定職にも付かず気ままに暮らしているだらしない弟鉄郎(笑福亭鶴瓶)の実の姉弟ならではの絆や葛藤を吟子の娘である小春(蒼井優)の視点で描いています。
姉弟の関係が逆になっているとはいえ、やはり『男はつらいよ』の設定が頭をよぎります。中盤で鉄郎が気まずそうに吟子の店にやってくるシーンなどまさにそうで、うがった見方をすればこの作品は渥美清氏の急死によって中断してしまった『男はつらいよ』の山田洋次監督なりの決着の付け方だったのかもしれません。
きっと山田洋次監督は『男はつらいよ』の最後はこの作品のように締めくくりたかったに違いない‥そう思えてならないのです。