甘いものは適量に

夫の新年の目標は「今年こそ痩せる」です。身長172cm、体重80kgと太目の夫は昨年末に腰痛で寝込んでしまったので、再発させないようにする必要に迫られて、こうした目標を設定しました。せめて1年後には、75kg以下に体重を落としたいと考えています。
「結婚以来何度もダイエットに失敗した夫が、どうすれば痩せられるのか?」と考えているうちに、あることに気づきました。
実は私は、ひどくお腹が空いたときや辛いものを食べた後に、甘いものを衝動的にたくさん買い込んでしまい、一人では食べきれずに夫に残りを押し付けてしまうことが何度もありました。すると、甘いものが大好きなうえに「食べ物を残すのはもったいない」と考えている夫は、ダイエット中にもかかわらず、ついつい食べてしまうのです。
夫が痩せるという目標を果たすためには本人の自覚も大事ですが、私もこうした行動を改める必要があることに気づきました。
そんなわけで私は、「甘いものは適量に」を年頭の誓いに、というより今年の行動指針にしたいと考えています。これを守るには、食事の時間に気を付ける、辛いものを食べ過ぎないなど、普段の食生活が重要になってきます。夫婦で食生活に気を付けて、夫が痩せて、2人とも健康的に過ごせればよい―そんなふうに思います。