天然酵母を仕込みました

普段はセミドライイーストを使ってパンを焼いています。
ドライイーストと生イーストのいいところを取ったイーストなのでとても使いやすいです。

イーストを使ったパン作りは気軽に使うことができるというメリットがあります。
それでもちょっとこだわったパンを焼きたいと思う時があります。
そのこだわりというのが天然酵母です。
実は何回かチャレンジをしていますが、失敗をしてしまうことが多いのです。
気温も関係しているので冬は天然酵母を起こさないようにしています。
何度か材料を無駄にしてしまったことがあるので、暖かくなってからがいいと思います。

今シーズン初めての天然酵母を仕込みました。
比較的安定をしているレーズン酵母にしたのですが、今回は成功をしました。
これは本当に嬉しいです。

酵母液を使って、元種を起こし、それからパンを作ることになるので、イーストを使ったパンを比較をすると物凄く時間がかかります。
それでも小麦の味わいを感じることができるパンを焼くことができるので、チャレンジをしたくなってしまいます。

今までレーズン酵母以外にはチャレンジをしたことがないのですが、もしもこの先安定をした酵母作りができるようになったのであれば、色々なもので酵母を起こしたいです。