婚活パーティーの感想

友達に誘われて、初めて婚活パーティーへ参加してみました。
友達が全て予約や段取りをしてくれていたので、当日になるまでは実感が湧かず、当日になっていきなりドキドキと緊張しました。

受付を済ませて個室に着席すると、男性と相席で待つスタイルでした。
時間丁度にパーティーは始まりました。
12対12の大人数で、1人5分程度話して男性が席を移動するものでした。
すごく時間があっという間に過ぎる方と、時間が経っているのか疑問なくらい苦痛な時間だった方と半々でした。
一応カップリングはしましたが、婚活パーティーでの出会いにはもう期待しないで良いかなと思いました。
たしかに職業などはきちんとされていますが、日常で女性とのやり取りがうまくできないのであろうなと思う遊ような方や、逆に女の人を選んでいるから結婚してないんだろうなという方もおられました。
婚活パーティーに行くよりもサークルなどに入って、自分の趣味と会う方を見つけた方が良い相手に出会える気がします。
良い社会経験ではあったので、良かったです。

出窓にあるカフェカーテンを変えたい

キッチン横にある小さな出窓、ここをどうするかずっと悩んでいたんです。

飽きたというか、なんだかパッとしない。

小さい出窓とはいえ、部屋のイメージを多少なりとも左右してしまっている気がしていました。

今はよくあるレース素材のカフェカーテン。

無難といえば無難なんですが、ちょっと部屋のイメージに合っていなくて。

どちらかというとモノトーン基調の生活感のない部屋なのに、出窓にあるレースカーテンだけやたら可愛い空気を出していました。

インテリアブログを見たりしながら、色々と参考に。

私じゃ思いつかないような発想で、出窓をアレンジしている方が沢山いました。

その中で私にも出来そうだし、良さそうと思ったのが、目隠しシート。

普通のすりガラスタイプから網目柄や水玉など柄の種類も豊富、水をかけてシートを貼ってカットするだけなんです。

100均でもあるようなので、とりあえず100均から試してみるのもありかなと思っています。

次のお休みは100均巡りと出窓に夢中になりそうな予感です。

頻繁に利用する海外の通販サイトのトラブルで、親切に丁寧に対応していただきました。

よく利用するオーガニック系の商品を取り扱う、海外の通販サイトがあるのですが、最近利用した時に、注文した商品が1つだけ入っていませんでした。
すぐにそこのサイトに問い合わせて(日本語版のサイトもありますので、日本語でも大丈夫でした)みたところ、ミスがあったことをすぐに理解してもらえたので、それに対する迅速な対応をしていただけました。
入っていなかった商品の再送は行っていないということでしたので、その商品の分の料金を、次のお買い物で使うことのできるクレジットとしてもらました。また、送料が高くかかってしまうとのことを伝えたら、商品の料金分は通販サイトの方で補償してくれるとのことでした。
通常、頼んだ商品が入っていなかった場合、そのサイト側に対して不信感を抱いてしまうと思うのですが、こんなに丁寧に親切に対応してもらったので、安心して、またここのサイトを利用しようと思うことが出来ました。
日本ではめったにない出来事だと思うのですが、もし同じことが起こった場合、送料まで補償してもらえることはなかなかないのでは、と思いました。
通販サイトでのお買い物は、直接的な人と人のやり取りではないために、トラブルが起こった場合はなかなか大変だと思いますが、トラブルが起こった時の対応で、通販サイト側の信頼感というものが、実感出来るのではないかなと思いました。

美味しい!キウイで簡単スムージー。

私はキウイが大好きです。
甘酸っぱくてジューシーなのはもちろん、ビタミンCも豊富で美容にいいからです。
キウイ1.5個で1日のビタミンCが摂取できます。
そんなキウイは、生で食べるのも美味しいのですがスムージーにするともっと美味しく食べることができます。
用意するものは、キウイ、はちみつ、牛乳もしくはヨーグルト、そして氷です。
これをミキサーに入れて全体が液状になるまで撹拌するだけです。
材料さえ用意すれば5分で完成。
簡単に出来上がります。

出来上がったスムージーは、良いオヤツにもなりますし、朝に摂取すると朝食のかわりにもなるのでお勧めです。
私はキウイが安い時に大量に購入し、皮をむいて冷凍、いつでもスムージーにできるようにストックしています。

飲み始めてからはお腹の調子も良くなりましたし、1.5キロの減量にも成功しました。
好きなものを食べ続けて痩せられるなんて最高です。
これからもこのスムージーを飲み続けていきたいと思います。

「H&M」で安くて可愛いオシャレを楽しんでいます。

私は、ファストファッションブランドの「H&M」が大好きです。
時間があればお店に行き新商品をチェックしています。
私が「H&M」が大好きな理由は3つあります。
1つ目はとにかく安いということです。
服の寿命はだいたい3~4年ほど。
それまでに飽きて着なくなることも考えれば、高い服をポンポン買ってもいられません。
「H&M」は安いだけではなく可愛い服が多いので、気兼ねなく着用することができます

2つ目は商品の回転率が非常に早いということです。
店に行くたびに新しい商品が陳列されるので飽きることがありません。
そのためお店に頻繁に足を運んでいても楽しめるのです。

3つ目は個性的なデザインが多いという点です。
日本のファッションブランドは個性的というよりは着回しの効くものが多い気がします。
便利ではありますが、コーディネートしていると「何かパンチが足りないな」と思う時があります。
そんな時、「H&M」をアクセントにすることで自分らしさを表現することができるのです。
これからもずっと愛用していきたいブランドです。

安かろう悪かろうは時代遅れ!?優秀なプチプラコスメ

「安い化粧下地は質が良くない」
化粧し始めて間もない頃、お金がなかったこともありスーパーに売っていた1番安い化粧下地を使用したところ、肌が荒れて皮膚科に通っていたことから、ずっとこんなことを思っていました。
その為、高くても質の良い化粧下地を選ぶことが当たり前のようになっていたのですが、先日友達の勧めにより「エクセル」というメーカーの化粧下地を試してみることにしました。
買ったのはいいものの、いきなり肌につけるのは抵抗があります。
パッチテストで入念にチェックし、大丈夫そうだったので恐る恐る使ってみたところ驚きました!
毛穴の凹凸が一気に目立たなくなり、肌の色もワントーン上がった気がします。
今使っている高いメーカーのものと実力の差はほとんどないように感じました。
安い=質が悪いではなく、選ぶものがたまたま合わなかったということに気づきました。
今ではエクセルの下地を毎日使っています。
教えてくれた友達には本当に感謝したいです。

眠気は危険

夕食はカレーうどんと焼きシシャモという謎の献立でした。
でも久しぶりに食べたシシャモが美味しくて4,5本は食べたと思います。
ダイエット中だと言うのにお腹いっぱい食べてしまいました。
自分の部屋に戻ると急激に眠くなりました。
布団の上にバタッと倒れ、そのまま目を閉じそうになりました。
が、ダイエット中だー!寝たら太るぞー!と、自分に言い聞かせ、何とか起き上がりました。
そうです、ダイエット中なのです。糖質制限ダイエットをしています。
魚は食べていい部類なので、ここで太ったらカレーうどんのせいになります。
ダイエットを始めて約1ヶ月半が過ぎ、5kg減量に成功したのに、カレーうどんでリバウンドでは悔いても悔い足りません。
重い瞼を気力で上げて、パソコンに向かってネットサーフィンを始めました。
しかし眠い時のネットも怖いもので、いつの間にかネットショップのサイトに入って、要る物か要らない物かの判別もつかずにポチッと購入ボタンを押してしまう事がたまにあるので、気を付けなければ、と思っていると今度は目が冴えてきます。
就寝時間になってさあ寝よう、とパソコンの電源を切り、布団に入っても目が冴えているので今度は眠れなくなってしまいました。
明日も仕事なので寝坊は出来ません。
こういう時の為に買っておいた市販の睡眠導入剤の出番です。
ちゃんと寝て明日の仕事も頑張ろうと気合を入れて薬を飲む私なのでした。

甘いものは適量に

夫の新年の目標は「今年こそ痩せる」です。身長172cm、体重80kgと太目の夫は昨年末に腰痛で寝込んでしまったので、再発させないようにする必要に迫られて、こうした目標を設定しました。せめて1年後には、75kg以下に体重を落としたいと考えています。
「結婚以来何度もダイエットに失敗した夫が、どうすれば痩せられるのか?」と考えているうちに、あることに気づきました。
実は私は、ひどくお腹が空いたときや辛いものを食べた後に、甘いものを衝動的にたくさん買い込んでしまい、一人では食べきれずに夫に残りを押し付けてしまうことが何度もありました。すると、甘いものが大好きなうえに「食べ物を残すのはもったいない」と考えている夫は、ダイエット中にもかかわらず、ついつい食べてしまうのです。
夫が痩せるという目標を果たすためには本人の自覚も大事ですが、私もこうした行動を改める必要があることに気づきました。
そんなわけで私は、「甘いものは適量に」を年頭の誓いに、というより今年の行動指針にしたいと考えています。これを守るには、食事の時間に気を付ける、辛いものを食べ過ぎないなど、普段の食生活が重要になってきます。夫婦で食生活に気を付けて、夫が痩せて、2人とも健康的に過ごせればよい―そんなふうに思います。

独占しています

団塊の世代と、仕事のお話をする機会がありました。そこで感じたのは、欲深ということです。どれだけ、働いて、お金が欲しいのでしょう。怖いです。みなさん、悪いことをしなければいいですが、もちろん、半分ぐらいは、社会貢献ということで、参加しているのでしょうが、中には、金もうけ、新しい仕事を見つけに来ている人がいるのです。社会貢献も不正がありますから、これから、おおくなるのではないかと思います。
こうなると、若い人には仕事はありません。60代で、仕事がほしくて欲しくてたまらないのです。しかし、親がこうだと、子供に今度は仕事がなくなります。更には、孫はもうフリーターでしょう。どこかに行くと、どこかには回らなくなるからです。
それならば、お金儲けよりも、もっと、子供をちゃんと育ててほしかった。援助交際は、30代の女性が高校生の頃に始まりました。ネーミングもやりやすいですよね。考えが短絡的で、自分だけがいいのです。

過去の傷が癒えない

私は、自分でも嫌になるくらい人間不信なところがあります。それは、小学生の頃の出来事が大きく影響していると思います。

その出来事というのは、親友だと思っていた友人とのトラブルです。私には、当時好きな男の子がいました。でも、そのことは誰にも言わずに心の奥に閉じ込めていました。

しかし、親友にだけは打ち明けることにしたのです。親友には、誰にも言わないでほしいと伝え、約束してくれました。それなのに、親友はクラスメイトに言ってしまっていたのです。そのことを、クラス中にからかわれ、好きだった相手の耳にも入ってしまったのです。

親友は、つい言ってしまったと話していましたが、その気持ちが私には理解できませんでした。もしも、逆だったら絶対に言わなかったと思います。

そんなこともあって、人に何かを打ち明けたり、相談したりすることはなくなりました。人の秘密を知ったとしても、絶対に言ったりはしませんが、自分のことは誰にも知られたくありません。