過去の傷が癒えない

私は、自分でも嫌になるくらい人間不信なところがあります。それは、小学生の頃の出来事が大きく影響していると思います。

その出来事というのは、親友だと思っていた友人とのトラブルです。私には、当時好きな男の子がいました。でも、そのことは誰にも言わずに心の奥に閉じ込めていました。

しかし、親友にだけは打ち明けることにしたのです。親友には、誰にも言わないでほしいと伝え、約束してくれました。それなのに、親友はクラスメイトに言ってしまっていたのです。そのことを、クラス中にからかわれ、好きだった相手の耳にも入ってしまったのです。

親友は、つい言ってしまったと話していましたが、その気持ちが私には理解できませんでした。もしも、逆だったら絶対に言わなかったと思います。

そんなこともあって、人に何かを打ち明けたり、相談したりすることはなくなりました。人の秘密を知ったとしても、絶対に言ったりはしませんが、自分のことは誰にも知られたくありません。

元彼との再会の約束

大好きだった元彼と再会しました。私は、一度は結婚したものの、その彼のことをずっと引きずっていて、旦那と一緒にいても、彼のことを思い出してばかりいました。結局、私の気持ちが旦那に向いていなかったことが旦那にもバレており、一年で離婚することになりました。

離婚をしたタイミングで、元彼からフェイスブックの友達申請がきたのです。結婚している時であれば、さすがに関わりは持てませんでしたが、シングルになっていたので、気兼ねなく連絡を取ることができました。

私は、前々からフェイスブックに登録していたのですが、彼は最近やっと登録をしたそうです。それで、私のことを見つけたと言っていました。

私は、ずっと閉じ込めてきた思いが溢れだして、彼に会いたいと言いました。彼も、久しぶりに私と飲みたいと言ってくれて、会う約束をしています。多分、私が結婚をして離婚をしたことも知りませんが、色々と話したいこともたくさんあるので、会えるのが楽しみです。

お正月にしたこと

今日はお正月なので私の実家へ行って、子供達のお年玉をもらいに行きました。
その前に息子が公園に行きたいと言うので実家の近くの公園へ寄りました。
外はとっても寒いのに結構な人がいて我が子も喜んで遊んでいました。
息子の幼稚園が冬休みに入ってからお外で遊ぶ事がなかったから外で遊べたのが嬉しかったのでしょうか。
ブロンコをしたり、シーソー、滑り台などをして、あまりの寒さに親が我慢できず少ししたら帰ってしまいましたが、少しでも遊べたことに子供は満足してくれたようです。
そして実家へ行き、じぃじ、おじさん2人からそれぞれお年玉を貰い、子供達は喜んでいました。
でもこれは使わずに貯金させていただきますけどね。
その後はみんなでご飯を食べたり飲んだりしながら、子供達はおじさんに遊んでもらってご機嫌過ぎて全く昼寝をしてくれませんでした。
息子はもう4歳だからいいものの、娘はまだ1歳半なので昼寝して欲しいところです。
ですが結局昼寝したのは5時半という一番して欲しくない時間に昼寝していました。

立ち止まって気づくこと。

4月から仕事の担当が変わった。今までの担当と継続して兼任という形になった。ずっとひとつの担当を続けてきて、先輩に追いつきたくて、やっと形になってきたところだったのに。急に私は要らないと言われたようで悲しくなった。兼任だから完全に離れるわけではないけれど、中心にはいない、そんな物悲しさがつきまとっている。いろんな担当を任されるのは成長の印ではあるのだろう。だが、新人たちが増え、とりあえず回された感じがして落ち着かない。何を期待されているのかわからない。頑張ろうと思っても、方向性が見えず空回りしてしまう。案の定、ひとつきもしないうちに体を壊した。我ながら笑えてしまう。でも、ただ体を癒すことに専念できて良かったと思う。それ以外の何も考えなくて済んだし、心の休め方も思い出した。そんな風に思うってことは、気持ちも行き詰まってたってことだ。出来るだけのことはしたいし、誰かの役に立ちたい、もっと成長したいと思う。でも出来ることは限られている。ただがむしゃらに突き進むのではなく、ひとつずつ踏みしめて進みたい。

10カ月と4日

息子がとうとう10カ月を過ぎました
子育てをし始めて10カ月
お母さん業もだいぶ板についてきたような気がします笑
最近ははいはいも上達し、つかまり立ちもできるようになり、ますます目が離せません…
どうして赤ちゃんて、行ってほしくないところに行ってしまったり、触ってほしくないものに触ってしまったりするのでしょうね
なんにでも興味があるということなんだろうけれど
息子にとっては家の中のあらゆるものが、不思議でたまらないのでしょうね
お母さんの持っているものはなんだろう
お父さんは何を見ているのだろう
わかってはいても、やっぱりやってほしくないことをされるとちょっと困ってしまいます(・・;;)
いろんなものに触れながら、大人になっていくんですね
この10カ月、過ぎてしまったらあっという間でしたが、その瞬間瞬間はいっぱいいっぱいで、自分もよく頑張ったなぁと思います
自画自賛ですが笑
息子を育てることで、この10カ月の間に私もだいぶ成長できたと思います
子育ては親が子どもを育てているだけではなく、親が子どもに育てられるってどこかで読んだけれど、本当にそうだと思います
まだまだこれから先が長いけれど、気合いを入れて頑張っていきたいと思います(`・ω・´)

地元のパン屋さん

新しい街に引っ越して来て2ヶ月経ちました。

子供との散歩を日課にしているのですが、今日は天気も良く気持ちの良い日だったのでちょっと長めにいつもと違ったルートを散歩しました。

そして、おしゃれなカフェ風のパン屋さんを発見しました。
家から5分ほどの距離で、隣の居酒屋さんには行ったことがあったのですが、夜だったのでパン屋さんはやっていなかったからか存在事態全く気が付きませんでした。

雰囲気から美味しいに違いないと、直感を信じてそのままお店に入りました。
広くはないのですが、たくさんの種類のパンがあって、パンの名前とオススメポイントが手書きで1つ1つに書いてあり、選ぶのが楽しくもありけっこう迷ってしまいました。
帰ってからのおやつにキャラメルとクリームを使ったパンを1つと次の日の朝用の惣菜パンとカレーパンを購入しました。

帰ってからおやつに買ったパンを食べましたが、とっても美味しかったです。明日の朝、残りのパンを食べるのが楽しみです。

引っ越して来てあまり街のことを知らないのもあり、新しいお店を発見できて、散歩の楽しみを感じた1日でした。

育児と仕事の両立

近頃では保育園を利用するママが増えてきているのが現状です。というか、利用して働かざるを得ないというケースも多いのではと思います。
私もその1人で、もっと子どもと一緒に過ごしたい、小さい可愛い一瞬を見逃さずそばにいたいと思っていました。ですが親の介護費用や将来の不安から、なくなく仕事復帰を決めました。
それでも子どもと離れたくないという思いがベースにあったので、パートで就職してうまく育児との両立を図ることができていました。そんな毎日の中、よく周りに言われたのが「何でパートなの」「軌道に乗ったらもっと勤務時間を増やせばいい」といったことでした。さも、働くことが正解かのような言い方に、納得がいきませんでした。心に余裕が欲しいからと仕事をセーブする私が間違いかのような責められる気分になったのを覚えています。
そもそも海外からみても、日本は働きすぎなのが現状です。それだけ真面目な姿勢だからこその今の日本経済なのかもしれませんが、働いてナンボの考え方がもう少し変われば、苦しむママも減るのではと思ってなりません。

私の趣味は子供とお菓子や、料理を作る事です。

娘が美味しいと言って完食してくれたのがきっかけで、料理をするのが趣味になりました。
娘が好きなキャラクターの顔を作ったり、お菓子を作ったり、一緒に作ったり、
小さいながらも真似をして一生懸命混ぜたり、伸ばしたり親子で楽しんで作ったりしています!
仕事から帰ってきて疲れていても料理をすると疲れを忘れてしまいます。
同じメニューは作らないようにいろいろ調べたり、聞いたり、見たりで、こうした美味しいとかいろいろ発見する事も楽しいです!
野菜嫌いな子供にはどのようにしたら食べてくれるのかなど、色々挑戦してました。好きなキャラクターにしたり、可愛くしたり、
野菜嫌いだった娘も今では何でも好き嫌いなく食べてくれるようになりました。
遊びに行くときは必ず自分で作ったクッキーなどを持っていき公園で一緒に食べています。
食費を抑えながらも、料理が楽しくなって、おいしくて、栄養があり、楽しくなる食事をいつも心がけています。
料理が趣味になり、食卓に笑顔が出るって本当に幸せなことに気が付けました。
これからもいろんなことに挑戦して料理の幅を増やして、娘にも料理をすることが好きになってくれるといいなと思いました。

ホームベーカリーで手抜きパン作りにはまっています!

3歳の子供が喜んで食べてくれるのが嬉しくて、週に2、3回は作るようになりました。最初はホームベーカリーで食パンを焼くだけだったのですが、最近ではクリームパンやジャムパンで子供の好きなキャラのパンを作ってみたり、自分好みのパンを作るようになりました。
どんどん上達してくるのが楽しくて、まだまだ初心者ですが日々の成果が楽しくてどんどんパン作りにはまっていきます♪
次のステップでは手ごねパンを作れるようになりたいと思っています。ホームベーカリーで作るパンは本当に初心者の方でも簡単に出来ますし、発酵して大きく膨れるパンの生地もとても可愛く感じます。お友達同士でパン作りの情報を交換し合うのもとても楽しいです。上手くできた日や、作りすぎてしまった日はお隣さんやお友達におすそ分けして喜んでもらえるのも作りがいがあって楽しいです。 もっと色んなパンに挑戦して、家族はもちろんお友達にも自信をもってあげられるようになりたいです。

クールなところがかっこいいです

ロンドンで世界陸上が開催されていますが、アメリカの女性選手でアリソン・フェリクスという選手がいます。これまでのオリンピックや世界陸上で200mや400m、リレーなどで数々のメダルを獲得してきた31歳の選手。細身の体で足が長くいつも髪の毛もおしゃれにまとめている選手でクールでかっこよく毎回注目している選手です。
リオオリンピック400mではバハマのミラー選手がゴール前でダイブしてゴールしたことで話題となり、その時ギリギリ負けてしまったのがフェリクス選手。今回も400mではミラー選手との一騎打ちが予想されていましたが、他の選手に追い抜かれてしまい銅メダルに終わりました。ミラー選手もゴール手前で足がもつれてしまい4位という結果に。
レース後、他の選手は倒れ込んだり仰向けになっていましたが、フェリクス選手は笑顔で1、2位の選手にハグをした後、表情を変えることなく息を整えている姿が印象的でした。常にクールで感情的にならないところが見ていて人間的な部分で尊敬できる選手だなと思いました。